ニキビのレーザー治療

日本は国際的に見てもレーザー治療の需要が高く、また技術が非常に高い国です。皮膚科で行われているニキビ対策の中でもレーザーは大活躍していますが、レーザー治療は一種類ではありません。
クリニックでレーザー治療を受ける時は、レーザーを用いたメジャーな治療法を把握した上で、どのレーザー治療にするのか大体決めておいた方が問診もスムーズです。

 

例えば、いわゆるごく普通の皮膚科で行われている圧出治療も、従来はニキビの表面に穴を開けるのに針を使っていましたが、炭酸ガスレーザーを採用している医療機関が増えています。二酸化炭素を用いるCO2レーザーで出力が高いパルス波を生じさせ、皮膚組織を焼き切ったり毛穴奥の皮脂や膿を排出させます。

 

一方、赤みを薄くしたり軽いピーリング作用を持つロングパルスYAGレーザーをニキビやニキビ痕に照射することで、赤みが目立たなくなり新陳代謝が活性化して新しいキレイな皮膚に生まれ変わる速度が速まります。
強力な作用こそ期待できないものの、穏やかにニキビを治すにはぴったりのレーザーです。

 

ニキビが完全に痕になってしまっている時は、炭酸ガスレーザーと性質が似ているフラクショナルCO2レーザーが向いています。炭酸ガスレーザーよりも照射できる範囲が広く、照射後の肌はターンオーバーが促進され、肌を入れ替える方向性のアプローチが可能です。

 

ただし繰り返し施術する必要がありますから、治療費が嵩む点はこの治療法のネックかも知れません。