皮膚科のニキビ対策 外用薬治療の基本は抗生物質

皮膚科で行われるニキビ対策に抗生物質は欠かせません。内服剤でも処方されますが、外用薬治療でも抗生物質は代表的な成分です。ホルモン治療などニキビの最先端治療を行っている医療機関を除き、ごく普通の病院、皮膚科では昔と変わらずに治療の第一選択肢は抗生物質です。

 

実際、抗生物質の外用薬治療であっさり治るニキビも少なくありませんし、少なくとも辛い炎症を鎮めることはできます。ただし効き目が強い程副作用も強烈なので注意が必要です。
皮膚科で外用薬として処方される確率が高いのは、ニューキノロン系のナジフロキサシンやリンコマイシン系のクリンダマイシン等など。

 

この2種類で比較した時に強く働くのはリンコマイシンですが、当然副作用も強くなります。
また、ニキビを発生させる真犯人であるアクネ菌も、悪玉菌にならない限り必ずしもニキビを発生、悪化させるとは限りません。腸内菌の悪玉菌同様、根絶やしにしてしまうと細菌バランスが崩れてしまう問題も抱えています。

 

抗生物質の処方によってはアクネ菌を一掃することも不可能ではありませんが、アクネ菌をすべて死滅させてしまった後、皮膚環境は健やかとは言えない状態になるので治療法としてはあまりにも乱暴過ぎると言えます。
このあたりの調整がうまいドクターがニキビ治療の名医、と言うことになります。単純に通いやすいクリニックと言う要素だけではなく、ニキビ対策で評判の良いドクターが在籍しているかどうかもチェックしましょう。