生理前後のニキビ対策は無意味か

普段特にニキビに悩まされる体質ではないのに、生理前後に限って赤いポツポツができてしまう女性は大勢いらっしゃいます。月経がきっかけになってできるニキビの原因はズバリ、ホルモンアンバランス(ホルモンバランスの乱れ)なので「生理前後のニキビ対策は無意味」なんて説も有名ですよね。

 

ただし、ホルモンバランスが崩れて引き起こされる更年期障害も治療できるように、生理前後のニキビも対策次第で快方に向かわせることは十分に可能です。

 

まず、ホルモンの影響で皮膚の皮脂が増え安定感を失うのは、排卵日から1週間近く経ってからの時期です。皮が脂の分泌量を増やすプロゲステロンがぐわっと滲み出る為、詰まりかけていた毛穴を皮脂が塞ぎやすくなり、ニキビトラブルを招きやすくなります。

 

まず、この時期は意識して毛穴が詰まらないようスキンケアに励み、角質が硬化しないようドライスキンにも気をつけて下さい。生理前の保湿こそ、黄体ホルモンによるニキビを撃退しやすくなる対策です。

 

また、普段から規則正しい健康的な生活を送ることも大切ですし、タンポポ茶のような女性ホルモンのバランスを整える飲み物を積極的に摂取する対策も有効です。最近は飲みやすい錠剤、カプセルタイプのホルモン対策用漢方も色々出回っていますし、こういった対策に励むことで毎月のニキビトラブルから解放されやすくなります。

 

生理前はどうしても精神的にイライラしてしまう、悲しいことがなくても勝手に涙がこぼれてしまう・・・なんて不安定な状態なら、特に内側からの対策を心がけてみて下さい。月に1度の苦痛が緩和される筈です。